龍神

龍神神社【長崎】で最強のパワースポットどこ?アクセス方法や混雑状況について調べてみた!

長崎 龍神神社 最強
hitomi

長崎県といえば、周囲を海で囲まれた半島や島々からなる、素晴らしい景色が広がりる大変魅力あふれる場所です。

また、古くから貿易の窓口として異国の文化を受け入れ、海外との交流をして栄えてきた歴史や美しい建造物がたくさんあります。

そんな海に囲まれた長崎には龍神様と深い繋がりがある最強の神社があるんだとか。

そして神社へ参拝に行くときは、前もってアクセス方法や、混雑状況についても知っておくと安心ですよね。

そこで今回は、長崎で龍神様と繋がる最強の神社はどこか?アクセス方法や混雑状況について徹底的に調べてみました!

【長崎県】最強の龍神神社No.1は和多都美神社だ!

日本と韓国の国境の島、対馬にある和多都美神社(わたづみじんじゃ)は、参拝のみならず美しい景色を楽しむために訪れる人も多い神社です。

対馬の風土に根ざした和多都美神社は、自然に感謝し、海の恵みと安全を祈り、島の伝統と文化を未来に継承していく意義深い場所として、多くの人に大切にされてきました。

こちらには「山幸彦」」(狩猟が得意な神)として知られる彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと)と妻である豊玉姫命(とよたまひめのみこと)を祭る海宮があり、古くから竜宮伝説が残されていることでもご存じの方も多いのではないでしょうか。

和多都美神社のご利益
  • ご利益:縁結び、安産、海上安全、五穀豊穣など

パワースポットとしても有名ですよ!

和多都美神社は「竜宮伝説」で有名!

海神である豊玉彦尊が当地に宮殿を造り、海宮(わたづみのみや)と名づけ、この地が“夫姫(おとひめ)と呼ばれるようになりました。

聞いただけでも、かなり神秘的な神社であることは間違いなさそうではありませんか!

昔、海の神の(豊玉彦尊)が「海宮(わたづみのみや)」という宮殿を創ったといいます。

ある時、釣り針をなくした山幸彦が、釣り針を探す旅に出かけました。

その途中で亀に出会い、豊玉姫命がいるそちらの宮殿にたどり着いたといいます。

そこで彦火火出見尊は娘の豊玉姫命に一目惚れし、三年滞在した後に妻として迎えたといわれている。

こちらが竜宮伝説の始まりとも言われています。

また、境内には龍の姿をした豊玉彦命の化身である『龍松(たてまつ)』や鱗状の岩『磯良恵比須(いそらえびす )など、海神を思わせるようなものもが多数あるとのこと。

このように、和多都美神社は「竜宮伝説」の原点と言われており、境内にも竜宮伝説にまつわる様々な史跡が残されていると言うことなんですね。

アキ
アキ

伝説が生まれた神社とは、なんかかっこいいですね!

和多都美神社の見どころは磐座と鳥居!

和多都美神社の見どころは2つあります!

  • 豊玉姫命の墳墓と称される磐座
  • 5つの鳥居

豊玉姫命の墳墓と称される磐座

本殿裏参道の原生林の中には豊玉姫命の墳墓と称される磐座(いわくら)があります。

入るのに100円はかかりますが、しおりか由緒書のどちらかをいただくことができますよ。

そして和多都美神社で磐座が1番のパワースポットと言われています。

ぜひこちらでエネルギーをチャージされてみてはいかがでしょうか、きっと龍神様とも繋がれるはずですよ。

その豊玉姫命を祀り、龍宮(わたづみ)の名を冠した神社は、昔も今も龍神との繋がりの深い、守られた聖地だと言うことですね。

確かに見どころ満載の神社ですね!

5つの鳥居

拝殿正面の5つの鳥居のうち1つ目の鳥居と2つ目の鳥居は海中にあり、干潮の時は海にある鳥居へ行くこともできます。

そして月に一度の満潮時には、本殿の近くまで海水が迫り、まさに自然と共にある神社というのも最大の魅力ではないでしょうか。

5つの鳥居を潜り海へ向かったなら、きっと何か感じるものがあるかもしれません。

私は満潮の時の鳥居を見たいですね。

まるで竜宮城へ向かう道筋のような、そんな神秘的なエネルギーが感じられるのではないでしょうか。

ここでしか味わえない体験かもしれません

和多都美神社の混雑状況やアクセス方法について!

対馬は海洋性の気候なので天気が変わりやすいと言われています。

晴れていても急に天気が悪くなることもよくあるので、雨具などは必ずご持参いただいた方がいいかもしれません。

また、その後のフェリーや飛行機などの時間もありますので注意が必要です。

特に目立った混雑はしないものの、韓国に近い立地なのでツアーで多くの方が訪れますので、多少の混雑や、賑やかな場合もあると言うことでした。

その辺りに気をつけて、神聖な場をゆっく感じながら参拝したいですね。

住所〒817-1201 長崎県対馬市豊玉町仁位55
営業時間9:00~17:00(12:00~13:00除く)
電話番号092-058-1488
周辺宿泊施設 周辺ホテルや温泉宿について詳しく知りたい方はこちら
対馬空港からタクシー

約25km 35分 おおよそ6,500円

厳原港からバス

比田勝行バスに乗り仁位バス停下車 和多都美神社まで徒歩45分

厳原港からタクシー

約37km 55分 おおよそ9,500円

対馬空港からバス

バス停から比田勝港行き糸瀬口下車3.9キロ55分

レンタカー

厳原港や相馬空港近くにはレンタカーがあるので、やっぱりレンタカーがオススメですよ!!

【長崎県】最強の龍神神社No.2は龍光大神!

壱岐は神々が宿る島、日本最古の歴史書「古事記」に登場する国生み神話によると、伊邪那岐(イザナギ)と伊邪那美(イザナミ)の夫婦神によって作られた8つの島のうち、5番目に生まれたのが「伊伎嶋(壱岐島)」といわれています。

壱岐は神社の数が日本一多く「神々が宿る島」としてご存じの方も多いのではないでしょうか。

龍光神社は、そんな神々が宿る島の最高峰である岳ノ辻に御鎮座しています。

近年では、パワースポットとしても注目が高いく人気がある神社なんですよ。

そして近くの展望台からの景色は360度海が見渡せてとても美しく、その魅力に日本国内外から観光客が多く訪れています。

素敵なロケーションですね♡

龍光神社の龍神様は7つの爪が見どころ!

日本で描かれている龍神様の爪は3本ですが、龍光神社で祀られている龍神様の爪はなんと7本なのが特徴です。

龍神様の爪の数が7本と言うのは他では聞いたことがないので、大変珍しい龍神様ではないでしょうか。

爪の数が多いほど神格が高いと言われているので、そうなると龍光大神の龍神様は最強神格と言っても過言ではありませんね。

きっと願いが叶うスピードが違いますね☆

そして龍神様の後ろの木々の隙間から、太陽が差し込むのがとても神秘的であり、神々しいお姿で迎えてくださり、参拝される方にエネルギーを与えてくれていように感じました。

龍光大神に日本中の神様が集まる?

龍光大神には、10月に日本中の神様が集まると言われています。

神無月である10月に、日本中の神々が出雲に集まり、神迎神事・神在祭などが執り行われると言われているのですが、出雲大社に行く前に集合するのがこちらの龍光神社と言われているんですね。

この小さな神社に日本中の神々が集まるとは、やはり最強神格の龍神様が鎮座されていると言うことではないでしょうか。

ぜひ一度ご利益をいただきに行ってみたいと思います。

龍光神社の混雑状況やアクセス方法について!

龍光大神の混雑状況ですが、ベストシーズンは7~8月で週末は非常に混雑いたします。

狙い目は平日や、春や秋などの過ごしやすい季節にご参拝されるのもまた違った風景を味わうことができておすすめのようですね。

住所〒811-5136 長崎県壱岐市郷ノ浦町片原触398-1
営業時間記載なし
電話番号記載なし
周辺宿泊施設 周辺ホテルや温泉宿について詳しく知りたい方はこちら
飛行機

長崎空港から壱岐空港まで30分 行き空港から龍光大神まで15km おおよそ25分

飛行機+バス

リムジンバス壱岐空港線 リムジンバス 本町(壱岐市)行 志原下車徒歩2.4km

おおよそ41分

フェリー

博多港から郷ノ浦港まで ジェットフォイルで約1時間10        
郷ノ浦港まで博多港から約4km、車で約10分、徒歩で約1時間

福岡・佐賀・長崎などからジェットフォイルやカーフェリーでお越しの方は

詳しくは【公式】壱岐観光ナビのHPをご覧くださいませ

アキ
アキ

近くにレンタカーがあるので、レンタカーで回るのがおすすめです

まとめ

今回は、長崎で龍神様と繋がる最強の神社どこ?ご利益のある参拝方法や混雑状況について調査してまいりました。

長崎には和多都美神社と龍光大神という龍神様と繋がる最強の神社がありましたね。

またご利益のある参拝方法や混雑状況なども記載いたしました。

長崎の龍神神社に行く際はご参考にしていただければと思います。

ABOUT ME
ぴとママ
ぴとママ
プロフィール
勤続20年の会社員を退社し
 新しい自分探しの旅へ〜

好奇心旺盛な二児の母、行動力と実行力に自信あり!
でも普段はのんびり、ゆったりと過ごしています。

趣味はフェスに行くこと♪
美味しいものを食べてお酒を飲むこと〜
あくせくしていた毎日から解放されhappy life満喫中〜♡
記事URLをコピーしました